格安ショップカード、チラシ、フライヤー、ロゴのショップ販促物のphotoshop, デザインのご利用ガイド

【名刺21】の無料名刺100枚キャンペーンも実施中!新規登録で名刺100枚無料クーポンをゲット|5,000円以上送料無料

画像の解像度

  • 解像度について

    解像度とは、画像を成している点が1インチにいくつ入るかを数字で表したことで、画素の密度を示す数値であります。下記のイメージのように解像度が高くなるほどピクセルの大きさは小さくなり、高精細な画像になります。
    段位としては「ppi(Pixel per inch)」や「dpi(Dot per inch)」、「lpi(Line per inch)」などがあります。「ppi」はディスプレイやビットマップ画像における解像度を示す単位として使用されていますし、「dpi」はコンピュータ上で用いる画像データの精度をプリンタサイズに対して表す単位として使用されています。「lpi」はスクリーン線数の単位で、1インチあたりの網点の密度を表します。
    ※ Photoshopでは画像解像度を「ppi」で表記しますが、印刷など出力時には「dpi」と表記します。

    ウェブサイト用の画像は基本72dpiを使用します。72dpiというのはOSが用いる標準数値(Macの場合、Widowsは96dpi)であって、画面表示用の解像度となります。つまり、上記イメージの場合はそれぞれの解像度をサンプルイメージとして表現していますが、すべてが72dpiで再現されたイメージだということを指します。
    印刷用の画像は最低300dpiで、適正な解像度としては350dpi以上となります。印刷用の画像に72dpiの画像を使用しますとパソコンの画面ではキレイに見えますが実際印刷物ではイメージのピクセルが目だち、ガタガタな状況で仕上がってしまいます。

  • 解像度のチェック

    ● Photoshopで確認
    「イメージ」メニュー→「画像解像度」をクリックします。「ドキュメントのサイズ」の解像度(下段の赤いボックス)から確認してください。

    ● Illustratorで確認
    「ウィンドウ」メニュー→「ドキュメント情報」をクリックします。ドキュメントの情報欄のメニューから「リンクされた画像」や「埋め込まれたリンク」をクリックしてご確認となる画像を選択してください。

  • 解像度設定

    1. Photoshopの「イメージ」メニュー→「画像解像度」をクリックします。
    2. 画像解像度の「画像の再サンプル」のチェックを外します。
    3. 「ドキュメントのサイズ」の幅や高さ、解像度を変更します。
    ※ 「幅と高さ」を変更すると使用サイズにおける解像度の確認ができ、「解像度」を変更するとその解像度における使用サイズが確認できます。

    ● 画像の再サンプル

    サイズ「1inch x 1inch」、解像度「100ppi」のイメージの解像度を「50ppi」に変更する際に、
    ※ イメージはインチを基準として表現しております。

    「画像の再サンプル」にチェックを入れて解像度変更を行うとイメージのサイズは変わらずピクセル数が変わります。

    「画像の再サンプル」にチェックを外して解像度変更を行うとピクセル数は変わらずイメージのサイズが変わります。

    ※ 解像度が高いイメージや大きいサイズのイメージをそのままイラストに埋め込みますとイラストのデータ容量がかなり重たくなる場合があります。ご使用になる際には必ず適正解像度・適正サイズへの調整を行うことをオススメします。
    ※ イメージのサイズを大きくする場合や解像度をあげる場合、その程度によってイメージのクォリティーは悪く見えてきます。できる限り使用サイズより大きな画像データを用意してご使用ください。
    ※ 画像の解像度はデータチェックの対象外とさせていただきますのでご協力お願いします。

Topへ