オンデマンド・オフセット印刷|名刺作成|格安ネット印刷・作成なら名刺21

名刺21
ステッカー・シール

カスタマーサポート

03-5981-5981    

名刺100枚無料クーポンをプレゼント

オンデマンド印刷
名刺 当日発送
チラシ 大幅値下げ
PETカード
はがき はがき
シール・ステッカー
オフセット印刷
名刺
箔押し名刺
2っ折り名刺 2っ折り名刺
ホワイト印刷
シール・ステッカー
型抜きカード
プラスチックカード
ホログラムカード
はがき はがき
商品タグ
クリアファイル

印刷の基礎知識

Adobe Illustratorその他:加工付きテンプレートの使い方

加工付きデータのテンプレートとデータ作成

加工付きデータのテンプレートとデータ作成
新しいテンプレート

『Kakou』(加工部分)のレイヤーが追加されました。

加工付きデータのテンプレートとデータ作成
完成データ

『印刷部分』と『加工部分』を合わせた完成イメージデータでの入稿になります。

加工データのテンプレート加工作成方法が更新されました。
更新前は加工テンプレートが3点必要でしたが更新後は”完成イメージ”のみ、ご入稿が必要となりデータ作成が簡潔化されました。

【更新前】

  • 完成イメージ
  • 印刷部分
  • 加工部分

【更新後】

  • 完成イメージデータ
  • ※既存の完成イメージ(仕上がりイメージデータ)に該当します。
  • ※加工のデーターはレイヤーでの取り扱いとなります。

更新後の加工データ作成作業は『Kakou』レイヤーにK100%で加工データを作成となります。以下の方法でデータに加工を作成してください。

初心者が知りたいレイヤー

初めてイラストレーターでデータを作成する方のためにレイヤーの基礎知識を簡単にご紹介します。

① レイヤーとは?

『層』、『層なり』などと呼ばれイラストレーターではアートボードというキャンパスの作業台で、オブジェクトが描かれた複数のレイヤーを重ねてイラストを描きます。

レイヤーとは?
② レイヤーの使い方

レイヤーを扱う上で必要なのは、レイヤーパネルです。ここでは簡単にレイヤーパネルの使い方を紹介します。
レイヤーパネルが表示されていない場合、メニューから『ウィンドウ』>『レイヤー』を選択してレイヤーパネルを表示させてください。

レイヤーの使い方

レイヤーのご案内

レイヤーのご案内

『Kakou(K100%)』(加工部分)
"K100%"で加工のデザイン指定はこちらのレイヤーで作業してください。

『Design_Layout』(印刷部分)
加工の色指定と印刷データはこちらのレイヤーで作業してください。

加工付きデータの作成の手順

例A : 金箔加工の追加
①CMYKで印刷データ作成 ①CMYKで印刷データ作成

CMYKで印刷データ作成

②『Kakou』のレイヤーに加工指示をK100%でお願いします。 ②『Kakou』のレイヤーに加工指示をK100%でお願いします。

② 『Kakou』のレイヤーに加工指示をK100%でお願いします。

加工部分 完成イメージ

③ ①と②が合わさった完成データ入稿データはこちらだけのデータです。

例Aは銀箔加工を入れる場合を例にしています。箔押し加工は1mm程度のズレ、広範囲のベタ箔押しは、掠れが生じる恐れがございます。

例B : エンボス加工の追加
①CMYKで印刷データ作成 ①CMYKで印刷データ作成

CMYKで印刷データ作成

②『Kakou』のレイヤーに加工指示をK100%でお願いします。 ②『Kakou』のレイヤーに加工指示をK100%でお願いします。

② 『Kakou』のレイヤーに加工指示をK100%でお願いします。

完成イメージ 完成イメージ

③ ①と②が合わさった完成データ入稿データはこちらだけのデータです。

例Bはエンボス加工を入れる場合を例にしています。エンボス加工は1~2mm程度のズレが生じる場合がございます。

【加工指示の注意点】
※加工データの指示はは必ずK100%で作成し色を入れないようにしてください。(②に該当)
※加工データの色の指定は必ず印刷データで指定してください。(①に該当)

データでの加工指示方法

更新後の加工データ作成作業は『Kakou』レイヤーにK100%で加工データを作成となります。以下の方法でデータに加工を作成してください。

データでの加工指示方法

①『印刷部分』と『加工部分』のデータを区別するため、それぞれ別々のレイヤーで扱ってください。『加工部分』のデータを編集する前に『Design_Layout』(印刷部分)のレイヤーにロックを掛けてください。

データでの加工指示方法

②次に『Kakou』(加工部分)のレイヤーを選択し加工データを編集します。K100%指定で加工を入れたい部分にデザインを配置し、加工データを作成ください。

データでの加工指示方法

③『印刷部分』と『加工部分』を合わせたデータが入稿するための完成データとなります。最後に加工編集のためにロックをかけていた『Design_Layout』(印刷部分)レイヤーのロックを解除してください。

複数の加工データを追加したい場合

複数の加工を追加する場合はそれぞれ違うレイヤーで加工のデータを編集してください。レイヤー名も追加加工名で編集していただけますようお願いいたします。

例A : 部分コーティングと箔の加工追加
完成イメージ

レイヤーに『部分コーティング』と『金箔』を追加しご編集ください。

例B : 2種類の箔加工追加
完成イメージ

レイヤーに『赤箔』と『銀箔』を追加しご編集ください。

例C : エンボスと箔の加工追加
完成イメージ

レイヤーに『箔押し』と『エンボス』を追加しご編集ください。