格安ショップカード、チラシ、フライヤー、ロゴのショップ販促物のphotoshop, デザインのご利用ガイド

【名刺21】の無料名刺100枚キャンペーンも実施中!新規登録で名刺100枚無料クーポンをゲット|5,000円以上送料無料

オーバープリントについて

名刺21からのお願い

オーバープリントはデータチェックの対象外となります。
データのオーバープリント設定による印刷ミスに関しては刷り直し対象外とさせていただきますので、ご入稿の前に必ずご確認ください。

  • オーバープリント

    「オーバープリント」とは印刷の時に色を重ねて印刷することで、「ノセ」とも呼ばれています。対して、オーバープリントの指定をしてない状態の事を「ケヌキ」と言います。「ノセ」と「ケヌキ」は結果だけを見れば同じく見えますが、印刷工程上では下記のような違いがあります。

    印刷は一般的にCMYKそれぞれの版を順次に回してイメージを再現するため、ある程度のズレは生じてしまいます。例えば、右のイメージを見ると分かるように細かい文字や細い線に対してズレが発生した場合は背景色との間に紙の白色が出てしまい、読むことが極めて困難となります。そのことから小さな黒い文字はオーバープリント処理をする必要があります。
    ※ K100%のスミベタのオブジェクトは自動的にすべて黒でのオーバープリント処理がされます。
    それ以外ではオーバープリント指定を行うことで意図してない仕上げになるトラブルの原因となる場合が多いので、オーバープリント指定を行わないことをオススメします。
    ※ お使いになるお客様は必ずご注文の前にご相談ください。
  • 不要なオーバープリント指定に注意

    黒以外のオーバープリント指定を行ったオブジェクトの場合は下の判の上に乗せられ、掛け合わされた色に変わって出力されます。

    通常のオフセット印刷インキは透明なので起こる現像で、このオーバープリントによるトラブルを避けるためには「属性」の「塗りにオーバープリント」または「線にオーバープリント」のチェックを外してください。

    ● 白のオーバープリントにご注意ください。

    一般的に印刷での白色は紙の色そのままとなります。つまり、紙の上になにも色をつけないことで白を表現します。白にオーバープリントを指定することは下の版が抜かれないことになり、結果としてはオブジェクトが消えてしまうこととなります。
    白にオーバープリントを指定しようとすると以下のようなメッセージが現れます。

    ※ オーバープリントが指定されたオブジェクトを選択した後に白のオブジェクトを作成する場合やオーバープリントが指定されたオブジェクトの色を白に変換する場合は上記のメッセージが現れないのでご注意ください。
  • オーバープリント指定の確認

    オーバープリントの指定をしたオブジェクトの再現イメージは通常のプレビューでは確認できません。「表示」メニューから「オーバープリントプレビュー」を選択してご確認ください。

Topへ