格安ショップカード、チラシ、フライヤー、ロゴのショップ販促物のphotoshop, デザインのご利用ガイド

【名刺21】の無料名刺100枚キャンペーンも実施中!新規登録で名刺100枚無料クーポンをゲット|5,000円以上送料無料

文字のアウトライン処理方法

  • 文字のアウトラインについて

    パソコンはそれぞれ持ってるフォント環境が違うため、フォントを含んだデータをそのまま入稿した場合は文字が正しく表示されないという問題が起こります。発生する現象としては別の書体に置き換えられたり、文字間が変わったり、文字化けしたりするなどの場合もあります。
    これらの問題を防止するため、ご入稿の際に「文字のアウトライン化」を行います。文字をアウトライン化することでフォントが図形化され、異なる環境でデータを開いてもその形を崩さずに出力できるようになります。
    ※ アウトライン化してないフォントが含まれたデータの場合はそのまま印刷工程に進むことができないため、場合によっては納期遅延に繋がることもあります。入稿の際には必ずご確認ください。
  • 文字のアウトライン作成方法

    異なる環境にて制作したデータを開いた時、そのデータに使用しているフォントが設置されてなかった場合はイラスト上では右のようなメッセージが現れます。このメッセージが表示される場合はデータを正しく表示できないということで、そのままでは印刷進行に進むことができません。
    イラストレーターにはこういう問題を防ぐためのフォントをアウトライン化する機能があります。

    1.アウトライン化する前には必ずロックされてる文字や隠れている文字がないかを確認する必要があります。ロックと隠れてるフォントはアウトラインの作成ができないからです。
    まずは、レイヤーを確認して設定を行います。
    ※ パスなどのオブジェクトはメニューからの一括設定が可能ですが、レイヤーは個別設定となります。

    「オブジェクト」メニュー→「すべてのロックを解除」と「オブジェクト」→メニュー「すべてを表示」が選択できる状態ならクリックして選択できない状態にします。

    2. アウトライン化する文字を選択します。すべての文字をアウトライン化する場合は、「選択」メニュー→「すべて」を選択します。
    ※すべてを選択して、まとめてアウトライン作成することをオススメします。

    3. オブジェクトの選択を保ったまま「書式(文字)」メニュー→「アウトライン作成」を選択することで文字のアウトライン化は終了となります。
    ※ 上記の2で「選択」メニュー→「オブジェクト」→「テキストオブジェクト」を選択して、マウス右クリック時のメニューの「アウトラインを作成」を選択しても同じ状態になります。
    ※ 一度アウトライン化したテキストオブジェクトは文字の編集ができなくなります。データのバックアップ後、文字のアウトライン化することをオススメします。

  • 文字のグラデーション設定にご注意

    文字の塗りがグラデーションに設定されていると、アウトライン化する前は普通の黒で再現されますが、アウトライン化しますとグラデーションに変更される場合があります。
    また、アウトライン化する際にグラデーションに変わらない場合でも、実際の印刷物ではグラデーションとして表現されてしまう場合があります。
    つまり文字のグラデーション設定は、画面上では問題なく見える文字でも、実際の印刷物ではグラデーション化されて表現されてしまう印刷ミスにつながる原因となりますので十分な注意が必要です。
    ※「.」キーはイラストでグラデーションの短縮キーとなります。作業の際に知らずに押さないようご注意ください。
  • 文字のアウトライン確認方法

    イラストレーターでは文字のアウトライン化されていないテキストオブジェクトがあるか確認することができます。
    「書式(文字)」メニュー→「フォント検索(フォントの検索・置換)」を選択します。

    ドキュメントのフォント(使用中のフォント)にフォント名が表示されることは、まだアウトライン化されていないテキストオブジェクトが残っていることを意味します。
    フォント名を選択して右側の選択ボタンをクリックするとフォントが使用されているテキストの場所へ移動できます。

    すべてのテキストをアウトライン化してもフォント名が表示される場合は次のことをご確認ください。
    ● ロックや隠れてるテキストオブジェクトがまだあるか。
    ● 孤立点があるか。 → 詳しくは「孤立点(ゴミフォント)の処理」をご参考ください。
    ● アウトライン化できないテキストオブジェクトがあるか。 → 詳しくは「アウトライン処理の施せない文字」をご参考ください。

Topへ