格安ショップカード、チラシ、フライヤー、ロゴのショップ販促物のphotoshop, デザインのご利用ガイド

【名刺21】の無料名刺100枚キャンペーンも実施中!新規登録で名刺100枚無料クーポンをゲット|5,000円以上送料無料

スポットカラー(特色)について

  • カラーの種類

    ● プロセスカラー : 印刷の標準カラーであるCMYKの4色を混合して色を表現します。イラストレーターの新規スウォッチはプロセスカラーで初期設定されています。スウォッチでは印がない普通の四角の形で色が表示されています。
    ● スポットカラー : プロセスカラー(CMYKカラー)では表現できない色を表現するため調合した単色インキのことで、特色ともいいます。DIC、Pantone、TOYOなどのそれぞれのインキ会社が固有のナンバーを付けて提供しています。イラストレーターのスウォッチではカラーの右下に「三角と点」がついています。

  • プロセスカラーへの置換

    入稿データにスポットカラーを使用した場合、印刷の際にその部分のカラーが出力されず白く抜けてしまうトラブルが発生することがあります。それは使用したスポットカラー(特色)が印刷工程上ではプロセスカラーでの印刷ではないと認識されてしまうからです。特色を使用した場合は必ずご入稿の前にプロセスカラーとして置換する必要があります。
    ※ 弊社はDICカラーやPANTONEカラーなどの特殊カラーやRGBは扱っておりません。すべてCMYKによる印刷となります。
    ※ 間違った特色使用による印刷トラブルに関しては刷り直し対象外とさせていただきますので、予めご了承ください。

    1. 特色を選択して直接ダブルクリックするか、スウォッチパネルのメニューから「スウォッチオプション」を選択します。

    2. スウォッチオプションウィンドウが開かれたらカラーモードを「スウォッチ→CMYK」へ、カラータイプを「特色→プロセスカラー」へ切り替えます。

    3. 最後にグローバルチェックを外して「OK」を押します。正しく設定が終えたらアイコンの表示がプロセスアイコンに変わっていることが分かります。
    ※ 特色もCMYK範囲で色再現が行われるため、場合によっては色が大幅に変わることがあります。程度によっては他の色にも影響を受け、全体の色味が変わってしまう場合もありますのでご注意ください。
    ※ 色が正しく再現できたとしても、それが印刷毎に同じ色での再現できるとは保証できませんので予めご了承ください。

    ● グローバル設定について

    イラストレーターのスウォッチ欄をみると色アイコンの右下に点のない三角がついてるものがあります。その色はグローバルカラーとして設定されてるもので、スウォッチオプションウィンドウからみればグローバルにチェックが入ってることが分かります。
    ※ チェックを外すと「三角」は消え、普通のプロセスカラーのアイコンとなります。
    ※ 特色の場合は基本としてグローバル設定がされています。

    グローバル設定は複数のオブジェクトに一つの色を使うとき有効な機能です。
    例えば、下のようなテキストの集まりのデザインの場合、その中の赤い文字群は全て同じ色を使用するとします。色変更がある際、グローバル設定を使わない場合は一つ一つ色を変更しなくてはならないですが、グローバル設定となってるカラーの場合はスウォッチオプションウィンドウからのカラー変更で一度にまとめて変更することができます。

Topへ