CMYKカラーとRGBカラーの違い│名刺21

【名刺21】の無料名刺100枚キャンペーンも実施中!新規登録で名刺100枚無料クーポンをゲット|5,000円以上送料無料

CMYK? RGB?

名刺21からのお願い

印刷はすべてCMYKで進行されるため、ご入稿データは必ずCMYKにて作成ください。色合い設定並びに色校正はデータチェックの対象外とさせていただきますのでご協力お願いします。
※RGBカラーや特色(スポットカラー)を設定した場合でも自動的にCMYKに変換されてしまいます。それによる色違い、色むらなどの責任は弊社では負いかねますのでご注意下さい。

  • CMYKカラーとRGBカラー

    「RGB」カラーとは、Red(赤)・Green(緑)・Blue (青)による色光の三原色といいます。
    RGBは色が混ざるほど明度が上がり、白に近づくので加法混色といわれ主に液晶ディスプレイなどで出力するために用いる色方式となります。
    「CMY」カラーはCyan(シアン)・Magenta(マゼンタ)・Yellow(イエロー)による三原色は色を混ぜるほど明度が下がり黒に近づくので減法混色といわれ主に紙などの物質に出力するために用いる色方式となります。CMY3色に黒色を加えることでCMYKカラーモードとなり、黒色をよりキレイに表現できます。

    ※パソコンのモニターで表示される画像はすべてRGBカラーに基づいていますが、印刷のインキはCMYKカラーに属します。
  • CMYKとRGBの違い

    CMYKとRGBの違いは、再現できる色の領域(色空間・カラースペース)が異なる点です。( 色相範囲 : RGB 0 - 255 、CMY 0 - 100 )
    CMYKカラーはRGBカラーよりも表現できる色の範囲が狭いため、RGBで再現可能な色もCMYKでは再現できない領域があります。
    RGBカラーで製作したデザインをそのまま印刷した場合はCMYKカラー変換時にCMYKカラースペースの中で最も近い色に置き換えらるため、一般的にはくすんだ色合いになってしまいます。

    ソフトのカラーピッカーを利用した簡単なテストでもその違いが確認できます。
    例えば、RGBの黄色(R255・G255・B0)をカラーピッカーで確認しますとCMYKでは「C10・M0・Y83・K0」と表記されます。それをイラストレーターで確認しますと、右側の「R239・G234・B57」の黄色に近い色未が再現されることが分かります。これは「R255・G255・B0」の黄色がCMYKではRGBの「R239・G234・B57」のような黄色に認識されることを示します。上記の赤色の例も同様となります。
    ※上記数値はソフトのカラー設定によって異なります。
    印刷物はCMYKカラーで出力されるため、印刷の時に、CMYKカラーでは再現できない色合いが確認された場合、ソフト側が自動的に一番近い色での変換を行います。当然、CMYKカラーの出力範囲を超えたRGBカラーであるほど色合いの差が激しくなります。
    つまりRGBカラーで製作したデザインをそのまま印刷することは色味が大幅に変わる印刷ミスにつながる原因となります。
    RGBカラーはディスプレイ上での色であり印刷物への色出力には適さない色ですので入稿データは必ずCMYKで作成してください。
    ※RGBカラーにてデータ作成された場合も、すべてCMYKカラーにて印刷されます。
  • 不安定な配色

    CMYKカラーでもカラー組み合わせによって色が不安定になり、色の差が出やすくなる場合があります。「C100%・M100%・Y100%・K100%」の設定や、CMYKの総インキ量が360%を超える場合はインキ量が多すぎになって印刷物の仕上がりに大きな問題が生じるため、修正していただく必要があります。
    CMYKの総インキ量は目安として250%以下にすることをオススメします。
    次のような組み合わせで配色した色は、発色が不安定となります。そのため商品により色の差が出やすくなる原因となります。
    茶色・赤茶色・紺色・しゅう色・深緑・うぐいす色・黄土色・灰色などは注意!!
    不安定的な配色
    ※不安定な配色による入稿データに関しては「色の不安定は了承済み」と判断し、仕上がりに問題があっても不良品の対象外とさせていただきます。

    同じ組み合わせの色を一緒に配置した場合、印刷の仕上がりに色の差をあまり感じられない場合があります。総インキ量が増えれば増えるほどそういう傾向が強くなりますので、同じ組み合わせの色を一緒に配置する場合は少なくとも20%~30%以上の差をつける事をオススメします。特に「K」を一緒に使用する場合は更にその傾向が強くなりますのでご注意ください。
    ※画面上のイメージはRGBカラーでの再現で、印刷物の場合は更に区別しづらくなります。

Topへ