名刺デザイン色の選び方と色別イメージ

名刺21
名刺100枚無料クーポンをプレゼント

トップ ≫ コラム ≫ 名刺デザイン色の選び方と色別イメージ

名刺デザイン色の選び方と色別イメージ

名刺デザイン色の選び方と色別イメージ

名刺のイメージが変わる、名刺デザイン色の選び方。

色によってそれぞれ人の心理に影響を与えます。
名刺においても名刺の色によって職業や本人のイメージを表すことができます。
よって、名刺に使う色によって会社や事業、本人自身のイメージが大きく左右されます。
名刺のデザインにおいて職種と色のイメージの関係について紹介します。

色彩調和

色の配色はセンスだけでは、バランスの良い色合いを設定することができません。
配色には基本のルールがあり自由に配色するのではなく、配色のルールに沿って配色を決めることがキーポイントになります。

テーマカラーは『3色』

ベースカラー70%、アソートカラー25%、アクセントカラー5%の比率で配色の面積比率にするだけでも、
綺麗な配色を作ることができます。

テーマカラー三色とは?

  • ベースカラー(基調色)
    全体の70%を占めます。最も面積が大きく全体のイメージを決めベースとなるカラーとなります。アソートカラーとアクセントカラーを引き立てる色です。
  • アソートカラー(配合色)
    全体の25%を占めます。ベースカラーの次に面積を占め、デザインをもっとも印象づけさせる主役的なカラーです。
  • アクセントカラー(強調色)
    全体の5%を占めます。全体の5%しかない少量の使用ですが、最も目立つ色で全体のポイントなりデザイン全体を惹き住めます。重要な部分、目立たしたい部分に使われることが多いです。

名刺をデザインしつつしっくりこなかったり、これでいいのかな?と疑問が出てきたら配色カラーの比率を
見直してみましょう。

カラーの決め方

  • ベースカラー(基調色)
    ベースとなるカラーのなるので引き立て訳として淡い色・明度の高い色を意識して使ってみるとよいでしょう。
  • アソートカラー(配合色)
    アソートカラーとしては明度を低くした色が使用しやすいとされています。
  • アクセントカラー(強調色)
    デザインの全体を引き締めるメリハリのある単調なトーンの使用をおすすめします。色は一色遣いではなくて良いですが、あまりにも色が多すぎたら視線が分散されますので楽しさ、派手さ、賑やかさを名刺でも表現したい場合は多色使いをおすすめします。
基本カラーは『3色』

具体的に三食丼で表現をしてみましょう。
ベースカラー:黄色
アソートカラー:茶色
アクセントカラー:緑/赤
三色丼が彩りがきれいなのが配色のバランスがとれているからです。

色の選び方<色別イメージと職業>

名刺にもたくさんの色合いが使用されています。
名刺に用いるそれぞれ表現されている色のイメージを見てみましょう。

色の選び方 色別イメージと職業

白(ホワイト White)

白(ホワイト White)

純粋/幸せ/清潔
清潔感や信頼感、健康的といったようなクリーン感を表現できます。好感度の高い色で、新事業やスタートアップにおすすめです。

  • 創業者

黒ブラック(ブラック Black)

黒ブラック(ブラック Black)

自己主張/勝負/気品
自己主張を明確にしたかったり、力強さをアピールしたい方は黒を使ってみましょう。
また、上品で高級感のある大人の魅力もあります。

  • 権威のある業務関連者
  • 大工さん
  • 裁判官
  • 弁護士
  • 芸術家
  • 探偵機関
  • 劇団

金(ゴールド Gold)

金(ゴールド Gold)

高級/金運/豊かさ/ゴージャス
存在感と高級感の強い金は高価さ、エレガントさを表現できます。
特別な事を伝えたい方におすすめです。

  • 金銭ショップ
  • ジュエリーショップ
  • グリーティング名刺

銀(シルバー Silver)

銀(シルバー Silver)

上品/洗練/スタイリッシュ
上品さと高級感を表現しつつも気持ちをすっきりさせてくれる効果があります。

  • アクセサリー
  • ジュエリーショップ

赤(レッド Red)

赤(レッド Red)

やる気/パワー/活気/勝利/アクティブ
積極的に攻めたい勝負をしたい方におすすめです。ダイナミック、
力強さ、活動的なイメージを与え目を引くことができます。

  • ショップカード
  • 飲食店
  • ペットカード

茶色(ブラウン Brown)

茶色(ブラウン Brown)

重圧/伝統さ/保守的
落ち着きのある茶色は伝統的な趣さを表現できます。

  • 弁護士
  • 会計士
  • 不動産

橙(オレンジ Orenge)

橙(オレンジ Orenge)

エネルギー/太陽/元気/購入誘導
オレンジは元気があり活発さを表現できるので、対人関係を
よくしたい方におすすめです。

  • 飲食店
  • 就職活動
  • 温泉
  • 旅館

黄色(イエロー Yellow)

黄色(イエロー Yellow)

金運/注目/明るい/希望
目立たせたい方や金運を上げたい方におすすめです。

  • 美容院
  • 料理教室
  • 幼稚園

桃(ピンク Pink)

桃(ピンク Pink)

アイドル/美容/幸せ/結婚/女性
ピンクはどちらかというと女性らしさを表現する際によく
使われています。

  • アイドル
  • ブライダルショップ
  • 美容

紫(パープル Purple)

紫(パープル Purple)

高貴/神秘的/中間的
ミステリアス、高貴さ、気高さ、神秘的を表現したい方に
おおすすめです。

  • デザイン関連
  • 芸術家

青(ブルー Blue)

青(ブルー Blue)

ビジネス/清潔感/冷静/知性
冷静な判断、心を落ち着かせてフィーリングを与えことができます。仕事運をあげたかったり、ビジネス運アップを図っている方におすすめです。名刺に使われる色として人気の高い色です。

  • 病院
  • クリニック
  • デスクワーク
  • ネットビジネス
  • 出版社

緑(グリーン Green)

緑(グリーン Green)

自然/平和/癒し/リラックス
心身ともにリラックスさせ癒しを与え安全、エコ、癒しを与えます。

  • 介護
  • エステ
  • ペット関連
  • 花屋さん

まとめ

使用する色によって名刺のイメージが変わるので色の選択はとても大切です。センスの良い名刺を作るためには上記のような、色がイメージする特色を念頭に置いて、色の選択をするようにしましょう。会社のイメージや、事業、
ビジネスをベストな色を選択することで相手にイメージも伝えるこがきでます。

お見積り
無料サンプル
テンプレート
納期ついて
加工一覧
instagram
youtube
アップ
ダウン